注目の米国の中間選挙

資産運用

トランプ米政権初の全国規模での中間選挙が,東部時間6日午前6時(日本時間同日午後8時)から始まりました.
与党共和党は連邦議会での多数派を維持できるでしょうか?

日本時間で7日昼すぎにも大勢が判明する見通しのようです.S&P500はここ数日の上げでも200日移動平均線を割り込んでおります.米下院で民主党が過半数を獲得し,ねじれ議会となった場合は減税策第2弾の審議が難しくなるかもしれません.これは,中間所得層に対する10%の追加減税を実施ということですが,選挙後に税制の決定権を持つ議会が追加減税を実現できるかは不透明です.様々な指標は米国経済の好調さを示していますが,住宅の販売件数の減少など,懸念事項も出てきています.それを受け,利上げはどうなるのでしょう?さらにそれを受け株価は?

結局,先読みしても株価の上下はたかぼうはわかりません.投資ブログで有名な某ブロガーも言っています.相場を読み勝ち続ける一部の天才がいることは否定しないが,普通の人は,相場を想定して売買するよりも優良銘柄の保有,そしてバフェット氏もS&P500連動のETFの保有,を勧めています.たかぼうは100%賛同します.だから,たかぼうはETFに追加投資し,保有し続けます.

たかぼうは,今後も米国経済の長期での上昇を信じ,投資し続けますよ.