米国株ETFの運用成績11/15

米国株ETF

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円,PFF500万円を考えています.

NYダウは -205.99 ドル( -0.81 %)の 25,080.50 ドル,S&P500は -20.60 ( -0.76 %)の 2,701.58 ,ナスダック総合は -64.48 ( -0.90 %)の 7,136.39 .

全体の動きを示す全世界のVTは -0.34 %,全米のVTIは -0.73 %,
S&P500連動のVOOは -0.68 %,
高配当系のHDVは -0.33 %,VYMは -0.54 %,DVYは -0.66 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.51 %,
債券的な動きをするPFFは -0.25 %.

米国株式相場は4営業日連続で下落.NYダウは -205.99 ドルの 25,080.50 ドル,S&P500は -20.60 の 2,701.58 ,ナスダック総合は -64.48 の 7,136.39で取引を終了した.トランプ政権が推し進めてきた金融規制緩和の動きが,中間選挙で下院の多数派を奪還した野党民主党によって押し戻されるとの不安が高まった.「iPhone(アイフォーン)」の販売減速への懸念が高まっているアップルもこの日も売られて5日続落となり,投資家心理を冷え込ませた.激化する米中貿易摩擦への懸念も相場の重しとなり,午後に入ってダウの下げ幅は一時350ドルを超えて不安定な値動きが続いた.今月末からの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開く米中首脳会談で双方の対立が緩和しない限り,米株価の本格的な反転は難しいとの見方が広がっている.

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

米国株は4日連続下落しました.民主党は金融規制政策をとります.行きすぎた金融規制は自由な経済活動を阻害しますが,自由にしすぎてもバブルが発生しその痛手は大きくなるため,最適解は誰にもわからないですが,株価が長期的に見て上昇する政策を期待したいです.

S&P500が200日移動平均線を割り込むのは慣れっこになってきましたね.

たかぼうは個別株は保有していませんが,アップルの動向は気になります.

S&P500が大きく下落した10月下旬でもアップルはそれほど下落していませんでした.アップルのPERは15.55倍,PBRは8.29倍と極端に悪い数字と思いませんが,株価は未来を見ているので,今後のiPhoneの動向のためさらに下落すると考えられます.

たかぼう保有の高配当系ETFのHDV,DVY,VYMは主要の指標よりはマイルドな下落でした.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.
たかぼう保有株の損益は,昨日より-2,200ドルでした.

やばいー.

Total Cost: 436,298 ドル
Market Value: 462,138 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +25,840 ドル