たかぼうの資産管理方法(時価のみ記録)

資産運用

たかぼうは資産管理方法として,投資を始めて,2001年からエクセルを使っています.投資を始めた当時は一般口座しかなかったため,株をいつ・いくらで買い,いつ・いくらで売ったのか,またその際の手数料等の売買記録をつけ,紙で確定申告する必要がありました.さすがに手書きの記憶はないのですが.

特定口座となった今では,細かい売買記録はつけていませんが,今でも月に1回,郵便貯金残高,銀行口座預金残高,証券口座のMRF,買った株の銘柄および金額をつけています.時価ではありません.月に1回のざっくり記録なので,全然負担がかかりません.さらに数年続ければ,まあまあの記録の量となるので,横軸に年月,縦軸に資産の棒グラムを描けば,資産が増えていく状況がわかります.追加で近似直線も足せば,毎月の平均的な資産上昇幅がわかります.時価なので,基本的に赤字が出なければ右肩上がりのグラフとなり,そのためリーマンショック,ドットコムショック,ライブドアショック等で,恐ろしいほどの含み損を抱えていても,へこむことはありません(含み損のポートフォリオはできるだけ見ないようにしていました.たまに見てたけどね(T_T)).

時価のみ記録,いかがですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加