回顧録3(大失敗編):初めての本格投資(金融資産1億円への歩み)

資産運用

米国株ETFの運用は,VT:10万ドル,VTI:14万ドル→15万ドル(定期購入中),HDV:15万ドル,VYM:5万ドル,DVY:5万ドル,VDC:5万ドル,VHT:5万ドルで行っています.

2020年2月22日,数日前からの急激な円安をとなり,たかぼう保有の金融資産が1億円となりました.

利益確定していないので,仮の資産ではありますが,投資を始めた頃を懐かしく思い,過去の投資を振り返ってみました.この頃は,ただ単に小遣い稼ぎ.独身,社宅住まい,物欲はあまりなし.今でこそ,インターネットがかなり普及し,SNSもありますが,昔は情報が少なく,ZAIの発売を楽しみにしていました.

初めは株主優待につられての購入でした.それから,本格的な投資として,キャピタルゲイン目的で始めたのが,低い株価で絶対に潰れず,ある程度規則性のある会社への投資です.

新日鉄に引き続いて,購入したのが三菱重工業でも儲けが出て,調子に乗って買ったのが,東洋紡績(3101)です.

2/24現在,株価はやはり不調です.

(http://kabutan.jp/より)

過去のチャートはこんな感じ.今の単価の1/10が昔の単価です.

チャートを見ると,20年前は底値を128,129円が底値になっていました.初めての購入は2005年1月でした.245円1,000株で始め,その後は三菱重工業と同様に上がっていきました.初心者ではありますが,調子に乗って上がっていく株を追いかけてしまいました.そのまま含み益がでたところで売れば良かったのですが,上手く売ることができず下落に転じました.

それでも,前にうまくいったのだからと,落ちる株価を追いかけて購入を続けました.

結局,2008年1月で,平均単価280円で12,000株を保有となりました.

その後は皆さんよくご存じのリーマンショック!

下がる下がる.結局この東洋紡績は2012年9月で80円まで下げました.このときの含み損は200万円(>_<)

330万円の投資で,130万円の価値になってしまいました.その時は本当に苦しかったです.ただ,負けを認めたくない私は,絶対に潰れない企業だし持っておけばいつかは立ち直ると,苦しいながらも保有し続けました.そして株価がやや復活したところで,もう断念.損切りの決意をしました.

結局,100万円の損切りで東洋紡績とはおさらばとなりました.

粘って耐えた結果,報われませんでした.ここで学んだことは,調子に乗ったらだめ,ということ.

私には無理な銘柄でした.ちーん.

このエントリーをはてなブックマークに追加