米国株ETFの運用成績1/3

米国株ETF

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円,PFF500万円を考えています.

NYダウは +18.78 ドル( +0.08 %)の 23,346.24 ドル,S&P500は +3.18 ( +0.13 %)の 2,510.03 ,ナスダック総合は +30.66 ( +0.46 %)の 6,665.94 .

全体の動きを示す全世界のVTは +0.02 %,全米のVTIは +0.08 %,
S&P500連動のVOOは +0.08 %,
高配当系のHDVは -0.13 %,VYMは +0.17 %,DVYは -0.34 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.37 %,
債券的な動きをするPFFは +0.93 %.

米国株式相場は上昇。NYダウは +18.78 ドル( +0.08 %)の 23,346.24 ドル,S&P500は +3.18 ( +0.13 %)の 2,510.03 ,ナスダック総合は +30.66 ( +0.46 %)の 6,665.94で取引を終了した。中国の12月製造業PMIが節目となる50を下回ったほか、ドイツでも同指数が低調となり、世界経済減速への懸念から売りが先行。原油相場の上昇や、トランプ大統領が米中交渉に楽観的な姿勢を示したことが好感され、下げ幅を縮小したものの、政府機関閉鎖への懸念が根強く小幅上昇となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

米国株は今年最初の取引では-1.3%を超す下落でしたが,原油相場の上昇や,米中交渉に楽観的な姿勢を示したことが好感され,上昇で終わりました.たかぼう保有ETFでは,高配当系ETFのHDV,DVY,生活必需品小売りVDCは下落しました.優先株式PFFは少し復活か?

S&P500の日足チャートは下図のようになっています.原油価格は上昇しましたが,APPLE(AAPL.O)は取引後,売上高予想の下方修正を発表し,引け後の取引では-8%をつけました.バークシャーはAPPLE株をおよそ2億5200万株ほどで全体の5%を越える保有をしていましたが,これまでの下落を受けてどうでるのでしょうか?現在の株価では,安いときに仕入れているため,まだまだ利益が出ているようです.従来,バフェットは “simple businesses”を好み,”If there’s lots of technology, we won’t understand it.”と述べています.ただ,バフェットは目先の利益ではなく,10年,20年,30年先に価値が上がると思えば,高すぎない限り買うとも言ってます.今後の出方が気になります.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.
たかぼう保有株の損益は,前に比べ+3,500ドルでした.

ほんの少しだけ復活.

Total Cost: 445,113 ドル
Market Value: 439,269 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: -5,844 ドル

このエントリーをはてなブックマークに追加