米国株ETFの運用成績3/10大クラッシューーー(>_<)

資産運用

米国株ETFの運用は,VT:10万ドル,VTI:14万ドル→15万ドル(定期購入中),HDV:15万ドル,VYM:5万ドル,DVY:5万ドル,VDC:5万ドル,VHT:5万ドルで行っています.

S&P500は -225.81 ( -7.60 %)の 2,746.56 ,NYダウは -2013.76 ドル( -7.79 %)の 23,851.02 ドル,ナスダック総合は -624.94 ( -7.29 %)の 7,950.68 .

ニューヨーク証券取引所のルールに基づき15分間取引を停止するサーキットブレーカーが発動

全体の動きを示す全世界のVTは -7.89 %,全米のVTIは -8.03 %,
S&P500連動のVOOは -7.72 %,
高配当系のHDVは -8.18 %,VYMは -7.96 %,DVYは -8.99 %,
生活必需品小売りのVDCは -4.47 %,
ヘルスケアVHTは -5.37 %.

 米国株式相場は大幅続落。S&P500は -225.81 ( -7.60 %)の 2,746.56 ,NYダウは -2013.76 ドル( -7.79 %)の 23,851.02 ドル,ナスダック総合は -624.94 ( -7.29 %)の 7,950.68で取引を終了した。寄り付き直後にS&P500種指数が7%下落したことで「サーキットブレーカー」が発動し、15分間取引停止となった。米国を含めて世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が報告され経済活動が停滞する中、原油価格が急落し、金融市場の新たなリスクになるとの不安が広がった。ロシアとの協調減産の交渉が決裂後、サウジアラビアがシェア重視で増産方針に転換したため原油価格は20%超下落となり、下げ幅は1991年の湾岸戦争以来で最大となった。株式相場も終日軟調推移となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋) 

円グラフの数値はドル表示です.
たかぼう保有株の損益は,前営業日より-41,200ドルとなりました(>_<)

Total Cost: 510,355 ドル
Market Value: 506,260 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: -4,095 ドル

米国株は大クラッシュ.2018年末以来の含み損を抱えてしまいました.少し前まで含み益が10万ドルを超えていたのに・・・.一応,生活必需品小売りVDCとヘルスケアVHTがS&P500より少ない下落率ですが,大きな下落には変わらないです.その結局,ETF評価額は前営業日より-41,200ドルとなりました(T_T)(T_T)

S&P500の日足チャートです.今日の下落でRSI(14)は35.62→27.13.

RSI(14)は再び30を切りました.ただ,すでに指し値をしているVTIのスポット購入はそのままにしておきたいと思います.定期購入はもちろん継続.

これはもう,大暴落と言って良いですよね.リーマンショックを含め,暴落を経験していますが,いやーーーーな,ブルーーーーな気持ちになりますよね.

しかし,人は希望を見て生きています.そして私もこの下落でもずっと買い増しできるように対処してきています.この暴落が後の更なる飛躍となるよう定期購入し続けます.

下図において青色はS&P500,黄色はTOPIXです.

米国株は何十年も渡り,上昇下落を繰り返しながらも高値を更新し続けています.だから,株価の変動に関係なく定期購入し続けます.なお,RSI(14)が30近辺になれば臨時購入の予定です.ドル転はできていますが,株価が上昇したため,買い焦ることなく,米国株MMFにて待機中.

(https://jp.tradingview.comより作成)

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.

このエントリーをはてなブックマークに追加