米国株ETFの運用成績3/23

米国株ETF

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円,PFF500万円を考えています.

NYダウは -460.19 ドル( -1.77 %)の 25,502.32 ドル,S&P500は -54.17 ( -1.90 %)の 2,800.71 ,ナスダック総合は -196.29 ( -2.50 %)の 7,642.67 .

全体の動きを示す全世界のVTは -2.03 %,全米のVTIは -2.09 %,
S&P500連動のVOOは -1.90 %,
高配当系のHDVは -1.05 %,VYMは -1.50 %,DVYは -1.44 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.28 %,
債券的な動きをするPFFは -0.33 %.

米株は大幅反落しました。世界的景気減速懸念が強まったことで年初から大きく上昇した米国株は利益確定売りが優勢となった。経済指標の悪化を受けた欧州株安の流れを受けて軟調にスタートすると、先行きの景気後退を示すとする長短金利の逆転現象も材料に売りが強まった。ダウ平均は100ドル超下落してスタートすると、時間とともに下げ幅を広げ、460.19ドル安(-1.77%)とほぼ一日の安値で終了。S&P500も1.90%安と大幅反落。11の業種別指数は、公益を除く10業種が下落。景気敏感セクターとされる素材、金融、エネルギー、IT、資本財、一般消費財の下落率は2%を上回った。ハイテク株主体のナスダック総合は6日ぶりの反落。下落率は2.50%と、ダウ平均、S&P500をアンダーパフォームした。センチメントは大きく悪化。投資家の不安心理を示すVIX指数は朝方の13ポイント台から16.48ポイントに上昇し、前日比で2.85ポイント上昇した。

週間ではダウ平均が1.34%安、S&P500が0.77%安、ナスダック総合が0.60%安と3指数そろっての反落。年初来ではダウ平均が9.32%高、S&P500が11.72%高、ナスダック総合が15.18%高となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

米国株は大幅下落でした.全世界VTや全米VTIはS&P500より下落しました.高配当系ETFはS&P500よりはましな下落.生活必需品小売りVDCは久しぶりにディフェンシブな動きでした.

S&P500の日足チャートです.今日の下落は痛いですが,まだ耐えています.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.
たかぼう保有株の損益は,前営業日より約-7,400ドルでした(T_T)

Total Cost: 451,332 ドル
Market Value: 490,139 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +38,807 ドル

このエントリーをはてなブックマークに追加