米国株ETFの運用成績3/26(^_^)

資産運用

仕事が忙しくて,久々の更新となりました.

たかぼうは米国ETFをメインに資産運用していますが,ここに至るまでは様々な個人の投資ブログを参考にさせていただきました.投資ブログの中にはポートフォリオの割合のみの公開などもありますが,たかぼう自身は割合には興味が無く,どんな銘柄をどれくらい保有しているのかなど,具体的な他人の財布事情が知りたいと思いました.さらに米国株なら日本株と異なり購入単価が安く,資産が大きくても小さくても保有量が小さくても似たようなポートフォリオを作ることができます.そこで,たかぼうのポートフォリオを参考にする人はいないと思いますが,他人の懐具合を見たい人は自分も含めいると思いますので,自身のETF資産公開することにしました.

今はコロナショックで厳しい局面ですが,米国ETFの定期購入+臨時のスポット購入でどうなるのか?Fireするまで赤裸々に公開します.

 

米国株ETFの運用は,VT:10万ドル,VTI:14万ドル→15万ドル(定期購入中),HDV:15万ドル,VYM:5万ドル,DVY:5万ドル,VDC:5万ドル,VHT:5万ドルで行っています.←行っていましたが,今は下落で全然できていません(T_T)

S&P500は +28.23 ( +1.15 %)の 2,475.56 ,NYダウは +495.64 ドル( +2.39 %)の 21,200.55 ドル,ナスダック総合は -33.56 ( -0.45 %)の 7,384.30 .

全体の動きを示す全世界のVTは +2.29 %,全米のVTIは +1.38 %,
S&P500連動のVOOは +1.28 %,
高配当系のHDVは +1.90 %,VYMは +1.31 %,DVYは +2.30 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.19 %,
ヘルスケアVHTは +1.28 %.

 25日のNY市場はまちまち。S&P500は +28.23 ( +1.15 %)の 2,475.56 ,NYダウは +495.64 ドル( +2.39 %)の 21,200.55 ドル,ナスダック総合は -33.56 ( -0.45 %)の 7,384.30で取引を終了した。トランプ政権と上院が2兆ドル規模の経済救済策で合意に達し、買いが先行した。ただ、景気後退は避けられないほか、どの程度速やかに救済資金が消費者や企業に供給されるかなどに不透明感もあり、一時下落に転じる局面もあった。法案の文言訂正などで採決が遅れており、引けにかけて上げ幅を急速に縮小し、ナスダックは下落に転じた。セクター別では耐久消
費財・アパレル、資本財が大きく上昇。一方で、食品・生活必需品小売りが唯一の下落となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋) 

円グラフの数値はドル表示です.
たかぼう保有株の損益は,前の21日より+24,500ドルとなりました(^_^)

Total Cost: 515,313 ドル
Market Value: 448,780 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: -66,534 ドル

米国株は激しい動きですね.株価は底で跳ね返ったように見えますが,米国の景気はこれからどうなるのか,ウイルスの影響は誰にも分かりませんので,油断大敵です.たかぼう保有ETFの値動きは生活必需品小売りVDCだけが下落となりました.その結果,先週末に比べ,保有ETFの評価額が+24,500ドルとなり,損益は-66,534ドル(T_T)

S&P500の日足チャートです.今日の上昇でRSI(14)は40.36.

新型コロナ問題から始まった下落はいつ終わるのでしょうか?またオリンピックは?原油価格は?この不安が株価下落に繋がっているようです.

しかし,人は希望を見て生きています.そして私もこの下落でもずっと買い増しできるように対処してきています.この暴落がFIRE前で本当に助かったと思っています.もうすぐ,サラリーが入りますので,更なる投資資金確保ができます.この暴落時の投資が,後の更なる飛躍となるよう定期購入し続けます.

下図において青色はS&P500,黄色はTOPIXです.

米国株は何十年も渡り,上昇下落を繰り返しながらも高値を更新し続けています.だから,株価の変動に関係なく定期購入し続けます.なお,RSI(14)が30近辺になれば臨時購入の予定です.ドル転はできていますが,株価が上昇したため,買い焦ることなく,米国株MMFにて待機中.

(https://jp.tradingview.comより作成)

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.

このエントリーをはてなブックマークに追加