米国株ETFの運用成績3/7(T_T)(T_T)

資産運用

米国株ETFの運用は,VT:10万ドル,VTI:14万ドル→15万ドル(定期購入中),HDV:15万ドル,VYM:5万ドル,DVY:5万ドル,VDC:5万ドル,VHT:5万ドルで行っています.

S&P500は -51.57 ( -1.71 %)の 2,972.37 ,NYダウは -256.50 ドル( -0.98 %)の 25,864.78 ドル,ナスダック総合は -162.98 ( -1.87 %)の 8,575.62 .

全体の動きを示す全世界のVTは -1.76 %,全米のVTIは -1.86 %,
S&P500連動のVOOは -1.68 %,
高配当系のHDVは -1.52 %,VYMは -1.54 %,DVYは -1.93 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.88 %,
ヘルスケアVHTは -0.90 %.

 米株は続落。S&P500は -51.57 ( -1.71 %)の 2,972.37 ,NYダウは -256.50 ドル( -0.98 %)の 25,864.78 ドル,ナスダック総合は -162.98 ( -1.87 %)の 8,575.62 で取引を終了した.米2月雇用統計は市場予想を上回る強い結果となったが、新型コロナウイルスの世界的感染拡大が続き、景気悪化懸念が強まったことで売り優勢の展開が続いた。OPECプラスの減産協議が決裂し原油相場が急落したことでエネルギー株が大きく下落したことや、米10年債利回りが一時0.70%を割り込み過去最低を更新し、金融株が軒並み安となったことも相場を押し下げた。ただ、クドロー国家経済会議(NEC)委員長が新型コロナウイルスによる企業業績悪化への対策を講じるとしたことで取引終盤に下落幅を大きく縮小した。

主要3指数はそろって続落したものの、週間ではダウ平均が1.79%高、S&P500が0.61%高、ナスダック総合が0.10%高とそろて3週ぶりに反発した。

(YAHOO ファイナンスより抜粋) 

円グラフの数値はドル表示です.
たかぼう保有株の損益は,前営業日より-8,700ドルとなりました(T_T)(T_T)

Total Cost: 510,355 ドル
Market Value: 547,573 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +37,218 ドル

米国株はまたまた下落.毎日毎日毎日,給料の何ヶ月分が1日で変動するのでしょうか?さて,今日も昨日に引き続き,生活必需品小売りVDCとヘルスケアVHTがS&P500より少ない下落率でした.その結局,ETF評価額は前営業日より-8,700ドルとなりました(T_T)(T_T)

S&P500の日足チャートです.今日の上昇でRSI(14)は38.14→35.62.

RSI(14)は再び30に近づいて来ましたね.ただ,すでに指し値をしているVTIのスポット購入はそのままにしておきたいと思います.定期購入はもちろん継続.

長期で見ると米国株は手堅いですが,油断すると大暴落した際,ショックを受けるので,いつでも大幅下落はあるものだと覚悟を決めて投資をしています.米国株はこれからどうなるのでしょうか?上昇?下落?全く分かりません!

だから,定期購入し続けます.

下図において青色はS&P500,黄色はTOPIXです.

米国株は何十年も渡り,上昇下落を繰り返しながらも高値を更新し続けています.だから,株価の変動に関係なく定期購入し続けます.なお,RSI(14)が30近辺になれば臨時購入の予定です.ドル転はできていますが,株価が上昇したため,買い焦ることなく,米国株MMFにて待機中.

(https://jp.tradingview.comより作成)

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.

このエントリーをはてなブックマークに追加