米国株ETFの運用成績5/25

資産公開

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円,PFF500万円を考えています.

S&P500は +3.82 ( +0.14 %)の 2,826.06 ,NYダウは95.22 ドル,( +0.37 %)の 25,585.69 ドル,ナスダック総合は +8.73 ( +0.11 %)の 7,637.01 .

全体の動きを示す全世界のVTは +0.46 %,全米のVTIは +0.24 %,
S&P500連動のVOOは +0.17 %,
高配当系のHDVは +0.18 %,VYMは +0.21 %,DVYは +0.15 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.38 %,
債券的な動きをするPFFは +0.25 %.

米国株は3日ぶり反発.S&P500は +3.82 ( +0.14 %)の 2,826.06 ,NYダウは -190.92 ドル,( -0.74 %)の 25,585.69 ドル,ナスダック総合は +8.73 ( +0.11 %)の 7,637.01で取引を終了した。トランプ米大統領が米中貿易戦争の早期終結の可能性に言及したことで過度な懸念が後退した。トランプ大統領は23日、ファーウェイは安全保障上大変危険だが、中国との交渉の一環として同社に対する制裁の一部解除もありえるとした。リスク回避がやや後退した流れを受けて前日に2017年10月以来の水準となる2.30%割れまで低下した米10年債利回りが2.32%台に上昇し、金融株が反発したほか、素材、エネルギー株も買い戻された。ダウ平均はボーイング、ホーム・デポ、JPモルガン・チェースなどの上昇にけん引され95.22ドル高(+0.37%)と3日ぶりに反発。S&P500とナスダック総合も小幅ながら3日ぶりに反発した。

週間では、ダウ平均が0.69%安と5週続落し、2011年6月10日終了週の6週続落以来の長期続落を記録。S&P500は1.17%安、ナスダック総合も2.29%安とともに3週続落した。5月月初来では、ダウ平均が3.79%安、S&P500が4.07%安、ナスダック総合が5.66%安となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

米国株は少し上昇でした.S&P500の上昇率+0.14%に対し,たかぼう保有のETFはVTが+0.46%と高かったです.高配当系ETFのHDV,VYM,DVYはほぼ同じでしたが,生活必需品小売りVDCはなんと-0.38%の下落.

S&P500の日足チャートです.株価は今後どうなるでしょうか?米中貿易戦争,いや米国企業の収益次第ですね.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.
たかぼう保有株の損益は,前営業日より約+1,100ドルでした(T_T)

Total Cost: 455,061 ドル
Market Value: 495,900 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +40,839 ドル

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

このエントリーをはてなブックマークに追加