米国株ETFの運用成績7/13(^_^)

資産運用

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円PFFVHT500万円を考えています.

S&P500は +13.86 ( +0.46 %)の 3,013.77 ,NYダウは +243.95 ドル( +0.90 %)の 27,332.03 ドル,ナスダック総合は +48.10 ( +0.59 %)の 8,244.15 .

全体の動きを示す全世界のVTは +0.34 %,全米のVTIは +0.51 %,
S&P500連動のVOOは +0.49 %,
高配当系のHDVは -0.07 %,VYMは +0.43 %,DVYは +0.69 %,
生活必需品小売りのVDCは +0.35 %,
ヘルスケアVHTは -0.96 %.

12日のNY株式相場は堅調。S&P500は +13.86 ( +0.46 %)の 3,013.77 ,NYダウは +243.95 ドル( +0.90 %)の 27,332.03 ドル,ナスダック総合は +48.10 ( +0.59 %)の 8,244.15で取引を終了した.10-11日のパウエルFRB議長の議会証言を受けて、7月FOMCでの利下げ期待が引き続き相場の支援となった。前日に初の27000ドル台に乗せたダウ平均は終盤に上げ幅を拡大し、243.95ドル高 (+0.90%)の27332.03ドルと3日続伸して終了。ダウ・インクが4.04%高、キャタピラーが3.28%高となったほか、値がさ株のボーイングも1.76%高となり1銘柄でダウ平均を43ドル押し上げた。S&P500は0.46%高の3013.77ポイントと4日続伸し、初めて3000ポイントを上回って終了。ヘルスケア、公益、不動産が下落したものの、資本財の1.78%高を筆頭に8セクターが上昇した。ハイテク株主体のナスダック総合も0.59%高と反発し、終値と取引時間中の過去最高値を更新した。

週間ではダウ平均が1.52%高、S&P500が0.78%高、ナスダック総合が1.01%高とそろって2週続伸。月初からではダウ平均が2.75%高、S&P500が2.45%高、ナスダック総合が2.97%高となり、年初来でダウ平均が17.17%高、S&P500が20.22%高、ナスダック総合が24.25%高となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

たかぼう保有株の損益は,前営業日より約1,100ドルでした(^_^)

Total Cost: 458,776 ドル
Market Value: 520,946 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +62,170 ドル

米国株は上昇しました.S&P500指数は,終値でも3,000ポイントを上回りました.世界情勢はきな臭くなってきましたが,株価は好調.こんなときこそ,どーんと下げるかもしれません.永久保有の予定ですが,大きな下げはいやですね.

S&P500の日足チャートです.RSI(14)は70.86となりました.間違いなく高値圏内です.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

このエントリーをはてなブックマークに追加