米国株ETFの運用成績8/27(^_^)

資産運用

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円PFFVHT500万円を考えています.

S&P500は +31.27 ( +1.10 %)の 2,878.38 ,NYダウは +269.93 ドル( +1.05 %)の 25,898.83 ドル,ナスダック総合は +101.97 ( +1.32 %)の 7,853.74 .

全体の動きを示す全世界のVTは +0.97 %,全米のVTIは +1.01 %,
S&P500連動のVOOは +1.11 %,
高配当系のHDVは +0.77 %,VYMは +0.92 %,DVYは +0.75 %,
生活必需品小売りのVDCは +1.06 %,
ヘルスケアVHTは +1.03 %.

米国株式相場は上昇。S&P500は +31.27 ( +1.10 %)の 2,878.38 ,NYダウは +269.93 ドル( +1.05 %)の 25,898.83 ドル,ナスダック総合は +101.97 ( +1.32 %)の 7,853.74で取引を終了した。米中貿易摩擦を巡って週末に対決姿勢を鮮明にしていたトランプ大統領だが、G7で米中交渉再開に前向きな姿勢を示すと、警戒感が和らぎ買いが先行。前週末の大幅下落を受けた買い戻しの動きもあり、終日堅調推移となった。セクター別では全面高となり、特にメディアや耐久消費財・アパレルの上昇が目立った。

米中貿易摩擦の懸念が後退し、マイクロン・テクノロジー(MU)やアドバンスド・マイクロ・デバイシズ(AMD)などの半導体セクターが買い戻された。製薬のアムジェン(AMGN)は、同業セルジーン(CELG)の乾癬治療薬の取得を発表して堅調推移となった。また、バイオ医薬品のブリストル・マイヤーズ(BMY)は、セルジーンによる同薬売却が、同社との740億ドル規模の買収完了に向けた計画の一部であると発表し買われた。衛星テレビのディッシュ・ネットワーク(DISH)は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け上昇した。

電気自動車のテスラ(TSLA)は、米中対立による人民元安を受け、30日に中国での自動車販売価格を値上げすることを明らかにし上昇した。

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

たかぼう保有株の損益は,前営業日より約+4,700ドルでした(^_^)

Total Cost: 476,421 ドル
Market Value: 516,807 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +40,386 ドル

米国株は上昇し,少し戻しました.S&P500は1.1%の上昇でしたが,たかぼう保有高配当系ETFのHDV,VYM,DVYの上昇率はS&P500に及びませんでした.

S&P500の日足チャートです.RSI(14)は40.78→45.16となりました.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.

このエントリーをはてなブックマークに追加