米国株ETFの運用成績9/14(-_-)

資産運用

米国株の運用は,VT1000万円,VTI1000万円1500万円,HDV1000万円1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円PFFVHT500万円を考えています.

S&P500は -2.18 ( -0.07 %)の 3,007.39 ,NYダウは +37.07 ドル( +0.14 %)の 27,219.52 ドル,ナスダック総合は -17.75 ( -0.22 %)の 8,176.71 .

全体の動きを示す全世界のVTは +0.20 %,全米のVTIは -0.10 %,
S&P500連動のVOOは -0.03 %,
高配当系のHDVは -0.13 %,VYMは -0.03 %,DVYは -0.16 %,
生活必需品小売りのVDCは -0.49 %,
ヘルスケアVHTは -0.01 %.

NY株式相場は高安まちまち。S&P500は -2.18 ( -0.07 %)の 3,007.39 ,NYダウは +37.07 ドル( +0.14 %)の 27,219.52 ドル,ナスダック総合は -17.75 ( -0.22 %)の 8,176.71 で取引を終了した.米中関係改善期待が続き、キャタピラー、ボーイングなどが上昇したほか、米長期金利の上昇を受けてJPモルガン・チェースなどの金融株が軒並み高となった。一方、アナリストの目標株価引き下げを嫌気したアップルが下落し、ディフェンシブ・セクターの不動産や生活必需品株も利益確定売りに押された。ダウ平均は終日プラス圏で推移し、37.07ドル高(+0.14%)の27219.52ドルで終了。昨年5月以来の8日続伸となり、今年7月15日に付けた終値での過去最高値まで139.64ドル(0.51%)に迫った。S&P500は午前中はおおむねプラス圏で推移したものの、取引終盤に0.22%安まで下落し、0.07%安と4日ぶりの小幅反落。ハイテク株主体のナスダック総合も0.22%安と3日ぶりの反落となった。

週間では、ダウ平均が1.58%高、S&P500が0.96%高、ナスダック総合が0.91%高と3指数そろっての3週続伸。9月月初来では、ダウ平均が3.09%高、S&P500が2.77%高、ナスダック総合が2.69%高となった。

(YAHOO ファイナンスより抜粋)

円グラフの数値はドル表示です.

たかぼう保有株の損益は,前営業日より-356ドルでした(-_-)

Total Cost: 477,647 ドル
Market Value: 541,314 ドル
Unrealized Gain/Loss Since Purch: +63,667 ドル

米国株はまちまち.保有ETFの中では,全世界VTだけが上昇でした.

S&P500の日足チャートです.RSI(14)は62.42→61.93とまだ高いですね.

米国株ETFを定期購入+臨時購入しつづけます.

このエントリーをはてなブックマークに追加