米国株ETF取得金額と損益グラフ(10/9,週毎)(^_^)

資産公開

米国株ETFの運用は,VT:10万ドル,VTI:20万ドル(定期購入中),HDV:15万ドル,VYM:5万ドル,VDC:5万ドル,VHT:5万ドル,QQQ:10万ドル(定期購入中)を目指しています.

今週の各ETFの変動率と保有ETFの損益は,次の表のとおり,大きく上昇しました.

表1 各ETFの変動率と保有ETFの損益

今週の変動率 損益(ドル)
全世界VT: + 3.65% +3,688
全米VTI: + 4.07% +7,822
高配当HDV: + 3.07% +3,754
高配当VYM: + 3.81% +1,653
S&P500のVOO: + 3.87% +95
生活必需品小売りVDC: + 2.69% +1,368
ヘルスケアVHT: + 4.64% +2,668
ナスダック100QQQ: + 4.16% +3,245

図1に保有ETFの資産推移を示しています.青線は評価額,赤線は取得金額,橙色は損益(右の縦軸)を表しています.定期購入しているので,赤線は右肩上がりとなります.損益を表す橙色に示すように,今年2月は含み益が10万ドルを超えましたが,3月のコロナショックで奈落の底へ(T_T)含み損は最大9万ドル(>_<)

ただただ,米国市場の発展を信じ,買い増しを続け,今週は米国株ETF評価額 +672,272 ドル,取得金額 +572,515 ドル,損益 +99,757 ドル(先週より +24,293 ドル)となりました(^_^)

もう少しで幻影の含み益が10万ドルに到達すれば度目ですが,過去3回は図ったかのようにその後は下落しています.

今週は全米VTIは目標としている20万ドルに到達しました.今後,VTIを購入する資金をQQQに回すのか,VTIのままにするのかは少し考えます.ただ,2番底が来ても慌てないように,これからも生活余剰金+配当で定期購入することは間違いありません.

図1 資産推移

図2はS&P500の週足チャートです.今週は上昇でした.ただ,上昇,下落に関係なく,VTIとQQQを買い続けますよ!

図2 今週のS&P500週足チャート

暴落を示す指標,予想等が出ても,いつ,どれくらい下落するのか誰も分かりませんので,予想するだけ無駄ではないかと思います.ただ心構えは大事だと思います.暴落が起きた際,どうするつもりなのか決めておけば,パニックにはなりません.

たかぼう自身はETFは永久保有なので,定期購入+RSI(14)が30でスポット購入,と決めています.

これからは,数年間株価低迷が続くと仮定して,資金が尽きないようにスポット買いと定期購入を進めていきます.ここで動かなければ,将来の配当を含むトータルリターンは今までのままなので,愚直に行動していきます.

米国株は何十年も渡り,上昇下落を繰り返しながらも高値を更新し続けています.だから,株価の変動に関係なく定期購入し続けます.なお,RSI(14)が30近辺になれば臨時購入の予定です.ドル転はできていますが,株価が上昇したため,回焦ることなく,米国株MMFにて待機中.

とりあえず,たかぼうはまじめに働き,余剰金(=サラリーマン収入ー生活費)を定期的に投資し続けるだけです.

SBI証券の米国株ETFの定期購入を利用しています.

このエントリーをはてなブックマークに追加