米国株ETF取得金額と損益グラフ(12/21,週毎)(^_^)

資産公開

米国株ETFの運用は,VT1000万円,VTI1500万円(待機中),HDV1500万円,VYM500万円,DVY500万円,VDC→500万円定期購入中),VHT500万円で行っています.

先週比で,保有株は
全世界VT: +1,413 ドル
全米VTI: +2,371 ドル
高配当HDV: +1,022 ドル
高配当VYM: +803 ドル
好配当DVY: +509 ドル
S&P500のVOO: +39 ドル
生活必需品小売りVDC: +310 ドル
ヘルスケアVHT: +958 ドル
でした.

その結果,米国株ETF評価額 579,234 ドル,取得金額 485,240 ドル,損益 +93,994 ドル(先週より +7,423 ドル)となりました(^_^)

下図は,たかぼう保有ETFの週ごとの損益グラフです.青線は評価額,赤線は取得金額,だいだい色は損益,緑の線は損益の近似直線を表しています.

赤線の取得金額は,定期購入しているので,右肩上がりは当たり前ですが,含み益を表すだいだい色も上下動を繰り返しながらも右肩上がり.今週も米国株は絶好調で,最高値を更新し,保有ETFも過去最高含み益となる9万4千ドル近くになりました.しかし,売却は考えていないので,この含み益は幻影.配当という果実をより多く手に入れたいです.

このまま順調に増えていくことは無いでしょうが,含み益が増えるのはうれしいです.あとは,配当が順調に増えてくれるかどうかです.

下図はS&P500の週足チャートです.めちゃくちゃ好調な株価ですが,いつ暴落が来るのかわかりません.

米中貿易合意の期待と,米下院が木曜日に北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる米国,メキシコ,カナダ間の自由貿易協定(USMCA)案を可決したことで,世界的通商摩擦懸念の後退につながり,株価が上昇しています.しかしまだまだ油断大敵です.今後はどうなるのでしょうか?暴落を示す指標,予想等が出ても,いつ,どれくらい下落するのか誰も分かりませんので,予想するだけ無駄ではないかと思います.ただ心構えは大事だと思います.暴落が起きた際,どうするつもりなのか決めておけば,パニックにはなりません.

たかぼう自身はETFは永久保有なので,定期購入+RSI(14)が30でスポット購入,と決めています.

できれば,暴落だけは避けて欲しいです.買い増し中はゆるやかな上昇で,配当を再投資し,配当である程度生活費が入るようになれば,ぐんぐん上昇してほしいなー.

米国株は何十年も渡り,上昇下落を繰り返しながらも高値を更新し続けています.だから,株価の変動に関係なく定期購入し続けます.なお,RSI(14)が30近辺になれば臨時購入の予定です.ドル転はできていますが,株価が上昇したため,回焦ることなく,米国株MMFにて待機中.

とりあえず,たかぼうはまじめに働き,余剰金(=サラリーマン収入ー生活費)を定期的に投資し続けるだけです.

SBI証券の米国株ETFの定期購入を利用しています.

このエントリーをはてなブックマークに追加